低酸素トレーニングの3つの効果

3度の飯よりプロテイン!

最近ビーレジェンドというプロテインブランドのかめはめ波風味というのが発売され気になっています。トレーナーの友田です。

酷寒のみぎりではございますが、ブログ読者の皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じ上げます。

今回のテーマは「低酸素トレーニング」です。

低酸素トレーニングは密閉した部屋の中の酸素濃度を下げ、その中でトレーニングすることで身体に負荷をかけるトレーニングです。様々な効果を期待できるトレーニングですが、今の所、一般の人が使える低酸素室は三重県ではみどりクリニックにしかありません。全国的に施設は増加傾向ですが、まだその効果に疑問を持つ方も多いと思われます。

そのため、今回は低酸素トレーニングの効果を3つ紹介したいと思います!

①持久力のアップ!

低酸素トレーニングの効果として伝統的に言われているのは持久力向上効果です。酸素濃度の低い環境下にいることで血液中に含まれるヘモグロビン濃度(酸素運搬機能を持つたんぱく質)が増え、長時間動いても疲れにくい身体になります。

②短距離走も早くなる!

最近は持久力の向上効果だけでなく、酸素借や無酸素性エネルギー代謝の亢進など、短距離走のパフォーマンスに関連する数値の改善も期待できることが分かってきています。低酸素室内で自走式トレッドミルがございますので、ダッシュすることができます!

短距離走が早くなります!

③筋トレ効果もアップ! 

また、まだ研究の数は少ないですが、筋肉量の増加効果が認められるような研究結果も出てきています。よりマッチョを目指せます。

実はみどりクリニックでも筋力に関する研究を実施し、低酸素室内でトレーニングした方が筋力向上効果が高いという結果が得られました。力持ちになれます。

先日NSCAカンファレンスというトレーナー向けの研究発表の場があり、研究の結果をポスターで発表しました。

当院の低酸素施設は全国的に見ても充実しており、トップアスリートから部活を頑張る学生、市民ランナーの方を中心にご利用頂いております。また一般の方々の健康増進にもご活用頂いております。

最初は活用に関して手探りの状態でしたが、オープンから2年がたち、トレーナーの知識・経験、データの蓄積などソフト面もレベルアップしています。

専門の資格を持ったトレーナーも在籍していますので安全面においても安心してご利用いただけます。

ご興味のある方は是非、お気軽にSHLまでお問い合わせください。

Sports and Healthcare Laboratory(SHL)

Tel:059-254-3635

P.S.

NSCAのカンファレンスに行くと参加者も講演者もマッチョばかりです。筋肉祭りです。参加の度に自責の念に駆られます。トレーナーにとって身体は名刺代わりという人もいます。また鍛え直します!

関連記事

  1. 日本のスピードスケート聖地へ

  2. 茨城国体帯同しました!&学会参加報告!

  3. 低酸素トレーニングについて

  4. 「高所トレーニング国際シンポジウム」に参加してきました!

  5. 佐々木、学会発表してきました!〜第12回日本アスレティックトレーニング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

カレンダー

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031