「高所トレーニング国際シンポジウム」に参加してきました!

過ごしやすい秋の気候から、徐々に朝晩は冷えるようになりちゃっかり1回目の風邪を引き終えた、百済です。

皆さん、体調管理にはお気をつけ下さいね!

さて今回のタイトルの通り、11月9,10日に長野県東御市湯の丸高原にて開催されました

「第22回 高所トレーニング国際シンポジウム」に、みどりクリニックから

佐々木トレーナーと参加してきました。

 

久居から車で出発。

長野県到着は夜になりましたが、やはり寒い!!

出発時の三重県の気温は18度。長野は7度..。今年、初体感温度の寒さでした。

翌朝、紅葉がとてもキレイなクネクネ道を登り、会場の「湯の丸高原ホテル」へ。

会場がある「湯の丸高原」は、標高1,730〜1,750mのエリアに「GMOアスリーツパーク湯の丸」という高所トレーニングが行える施設があります。

400mトラックやトレイルランニングコース、50m屋内プール、宿泊施設、アスリート食堂などが完備されており、日本で数少ない世界レベルの高所トレーニング環境です。

今回アスリート食堂でも食事してきました!

アスリート食堂での昼食↓

※GMOアスリーツパーク湯の丸のホームページはこちら

 

現状、日本選手の多くが海外へ高所トレーニングへ出向いています。

非常に高い効果を得ることはもちろんですが、やはり長時間の移動や、高所環境に馴染めないなどの身体ストレスの問題もあるようです。

日本国内でこういった充実した施設が活用されれば、アスリートのストレスも減らすことができるでしょうね!

 

シンポジウムの内容は、高所・低酸素トレーニングの最先端の研究報告やプロトコールの

発表があり、とても勉強になりました。

 

とくに、「チームスポーツでの高所・低酸素環境トレーニングの応用」では

サッカーやラグビー、テニスなどショートダッシュを繰り返すようなスプリント競技での

効果も実証されており、今後、SHLでの低酸素トレーニングプログラムにも反映していきたいと思います。

低酸素環境でのトレーニングは、トップアスリートだけではなく、高血圧や糖尿病、ダイエットなど生活習慣病にも効果が実証されており、諸外国ではすでに運動療法の一環として取り入れられています。

近年、低酸素トレーニングは、すごい速さで日本各地で広がっています。

当みどりクリニック・SHLの低酸素トレーニングルームもさまざまな競技の選手にご利用頂いておりますが、さらにたくさんの会員様やスポーツ愛好家の方々、ダイエットなどに

ご利用いただけるよう、安全で効果的なプログラムを提供できるようにSHLスタッフ一同、がんばります!!

当院低酸素トレーニングルーム紹介ページはこちら 

 

トレーナー百済でした。

 

低酸素トレーニングにご興味のある方は、お気軽にスタッフ・SHLまでお問い合わせ下さい。

ホームページ http://sh-laboratory.com/

お電話 059-254-3635

みどりクリニックでは共に働いてくれるトレーナーを大募集しています!

来年度の募集に際し、採用試験を実施します。詳細は下記ページをご参照ください!

トレーナー採用試験のご案内

関連記事

  1. 『睡眠』を取る際の4つのポイント

  2. ヤムナボール研修会

  3. 評価から運動処方まで。社員研修しました。

  4. 茨城国体帯同しました!&学会参加報告!

  5. Physimax 製品説明会

  6. なかなかよくならない痛み・・・それは日常に隠れる“癖”が原因かも!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.