初めまして☆新入社員の林です!!

初めまして!6月に入社した林です!みどりクリニックに勤め始めて1ヶ月がたちました。毎日、覚える業務の山で精一杯ですが久しぶりに仕事へのやりがいを感じることができています。アメリカ留学では言語の壁や外国人のレッテルを貼られることで仕事へのやりがいを中々感じることができませんでした。僕はアメリカ留学で出会ったどの実習先よりも、今の職場が気性に合っているなと実感しています。

さて、少し小難しい自己紹介を。実は入社する直前までアメリカの大学院に留学してました。アメリカではアスレチックトレーニングという分野を専攻し、アスリートの傷害対応や一般患者への運動指導などを行ってきました。

僕がアメリカへ留学した理由はモータースポーツドライバーを支えるトレーナーとして活動するための知識や経験を得るためでした。本当はアメリカでもっと長く仕事をして経験を積んでから日本に帰ってくるつもりでしたが、みどりクリニックから内定をもらったので大学院を卒業してすぐに帰ることにしました。 2018年の10月頃は日本に帰るか、アメリカに残るか髪の毛がなくなっちゃうぐらい悩みました。日本に帰るならみどりクリニックで働く以外には考えられなかったので思い切って応募してみると内定をいただくことができました。

トレーナーに色々経験させてあげようという姿勢で運営する整形外科クリニックは日本、アメリカを見渡してもそう多くはありません。トレーナーという資格では保険診療ができないのでどうしても医師や理学療法士のお手伝いとなってしまうことが多いのです。しかし、みどりクリニックではトレーナーが予診、ストレッチ、コンディショニング、トレーニング、リハビリなどを行います。このような場所で働けることは成長するにはこの上ない環境です。医師や理学療法士の方と円滑にコミュニケーションを取ることがATとしての仕事の質を向上させ、患者や選手への医療サービスの質を向上させることになります。医師や理学療法士と質の高いコミュケーションを取るためには今の僕の知識ではまだまだ足りません。術式の違いによるリハビリの工夫、体外衝撃波などの最新機器を用いた物理療法、低酸素室などを用いたトレーニングやリハビリなどをする必要があります。方法だけを覚えても意味がないので、なぜ効果が出るのか。トレーニングやリハビリの強度や頻度をどのように決定するか。個人差をどのように評価し微調整するか。深く深く考察して行かなければその患者や選手にとってベストな方法は見つからないわけです。

僕の見た目はすでにおっさん化してますが、まだまだ心は若いです。患者様、SHL会員様によりよいトレーニングやリハビリを提供できるよう全力を尽くします。これからよろしくお願いいたします!

 

林トレーナーの紹介ページはこちら!

関連記事

  1. 高酸素室でのリラクゼーションマッサージはいかがですか?

  2. GWもお待ちしております!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.